いばらき子育てネット 新米パパママおたすけQ&A

お子さまの成長を温かい目で見守るご家族。幼稚園、保育所に通うようになったお子さまが「ちゃんとやっているのかしら?」と不安を感じる時もあると思います。そんな不安を解消していただければと思い、パパママの心配にお答えするコーナーを設けました。少しずつ充実させていきますので、よろしくお願いいたします。

保育所と幼稚園の違いを教えてください。
A.基本的に児童福祉か学校教育の目的の違いです。
以下に基本的な相違点をまとめました。
区分保育所幼稚園
基本的な違い児童福祉を目的とした施設学校教育を目的とした学校
根拠法令児童福祉法学校教育法
管轄厚生労働省文部科学省
目的日々保護者の委託を受けて、保育に欠ける乳児又は幼児を保育すること幼児を保育し、適当な環境を与え、その心身の発達を助長すること
何歳から利用できるの?0歳〜就学前満3歳〜就学前
保育時間は?1日8時間(原則)1日4時間(標準)
利用する際の条件は?一定の条件を満たしていることが必要基本的には条件は設けていない
通園区域(学区)はある?ない・公立はある
・私立はない
負担金保護者の所得税額などに応じた額一律の額
入所入園方法市町村又は保育所に申込み幼稚園と直接契約
年間の教育(保育)日数日祭日、年末年始除く39週以上
保育者保育士教諭
保育士・幼稚園教諭の配置基準0歳児3人に1人
1〜2歳児6人に1人
3歳児 20人に1人
4歳以上30人に1人
1学級35人以下

幼稚園で先生になじまないのですが
A.先生と仲良しになるペースはひとりひとり異なります
初めての園生活に慣れる過程は、これまでの生活経験や興味の持ち方などにより、幼児ひとりひとり異なります。スムーズに生活している幼児がいる一方には、抵抗を感じ、何となく表情が固い幼児もいます。先生とのかかわり方も、全く同じです。「なじめない」ということは、拒否していることではなく、先生とはどんな人なのかようすを見ているのです。

●「なじめない」と決めつけた見方をしないことです
とにかく、幼児自身が安心感を持って生活するまで、焦らずに、待つことが大切です。入園当初は、特に先生もひとりひとりにどんな言葉をかけたらよいか気を使っていると思いますが、たとえ先生と言葉を交わさなくても、その子なりに先生に信頼を寄せていることもあることを忘れないでください。

あいさつができません
A.あいさつをしているつもりなのかもしれません
あいさつは、人と人とが何らかのつながりを感じた時、自然に交わせるようになります。特に幼児の場合、「この人なら安心して話せる」と親しみの気持ちを持つことで、例えば「おはよう」という言葉が自然に出てきます。もちろん、幼児は、目と目が合うことで、もうすでにあいさつをしているつもり、ということもあります。

●人とあいさつをする心地良さを体験することが大切です
「あいさつをさせなくては」と必死になればなるほど、幼児は素直にあいさつができなくなってしまいます。親しい人とのやりとりの中で、あいさつをする心地良さを体験することが大切なのです。また、日常、保護者が、先生やほかの保護者たちと気軽にあいさつを交わす姿に接することで、自然にあいさつの仕方を身に付けていきます。

言葉づかいが悪くなりました
A.友だちへの関心の表れです
園生活では、子どもたちは、好奇心を持ってさまざまな環境とかかわりながら、それらを自分の世界に取り入れ、「新しい自分」を作っていきます。大人は「悪い言葉づかい」と決めつけてしまいますが、子どもにとってみると友だちがつかっている憧れの言葉であったり、仲間のひとりであることを立証するための言葉であったりするのです。つまり、その背景には友だちへの関心があるのです。

●つかってみたい気持ちを理解することからです
「悪い言葉づかい」と簡単に否定してしまうのではなく、まずは、つかってみたいと思うその子の気持ちを受け止め、同時に、「こんな時は、こう言った方がいいよ」と、状況と場に応じた言葉づかいを知らせることが必要です。大人の働きかけを通して、幼児は次第に相手を思いやる言葉を身に付けていきます。

園でトイレに行っていないようです
A.遊びに夢中になっているのではないでしょうか
どの園でも、入園当初はトイレに行くことについて、ひとりひとりのようすを見ながら気を付けて指導しています。保育中、ある時間になったら、みんなをトイレに誘ったりもしますが、「まだ、出ない」と言う子もいます。中には「つりズボンなのでできない」「和式トイレには慣れていない」という理由で、行けない子もいます。

●「行かないのか」「行けないのか」よく見てみましょう
担任に園のようすを聞くことも一つです。ただ、心配し過ぎて、子どもに無用な不安感を持たせないようにしましょう。家のトイレと違うから、などの理由で戸惑っている子も、園生活に慣れてくれば、できるようになります。


出典:ひかりのくに株式会社発行
ひかりのくに平成13年4月号特別付録 神長美津子著「こどもア・ラ・カルト」より

親と園を結ぶコミュニケーション情報サイト/いばらき子育てネットへようこそ

いばらきひかりのくに公式サイト
Copyright (C) Ibaraki Hikarinokuni co,ltd. All Rights Reserved.